company

墓石
line
工事手順 墓所の構成
レーザー加工 出張文字彫刻
全優石ニューデザインお墓写真コンテスト 石屋の参考資料 お墓マインドチェック

レーザー彫刻について
日本最大の最新レーザーエッチングマシンによる彫刻
平成14年に当社が導入した日本最大(テーブルサイズ1.3m×2.5m)のレーザーエッチングマシンによる彫刻機で、御影石・大理石・ガラス・アクリル・ステンレス・木材・皮革など、あらゆる素材に彫刻できます。ギフト用品や記念品・エクステリア・インテリア・墓石への彫刻など幅広くご利用を頂いています。
作業手順
1.彫刻する写真を用意します
彫刻用の写真は、カラーでも白黒でも結構です。なるべく鮮明な写真で、色彩や明暗がはっきりしている方が出来栄えが良くなります。
2.写真をスキャナーでパソコンに撮りこみます
写真を画像処理するためにスキャナーで読み込み、画像処理アプリケーション(PHOTOSHOP)を使用して作業を始めますが、一番手間がかかり出来栄えを左右する大事な作業です。
3.画像処理終了
余計な背景を除去し更に被写体を鮮明に見せるための画像処理が終了しました。
4.PhotoGraVによるbmp変換
画像処理が終わったデーターを、レーザーマシンを制御しているパソコンに写し、素材に合わせた設定をアプリケーションソフトPhotoGraVによりビットマップ形式に変換をします。
5.レーザー加工開始
すべての画像処理が終了し、いよいよレーザー加工の開始です。赤い光がレーザー光線です。
当社のマシンはL10タイプで、25ワット空冷レーザーです。処理スピードは2,000ipm(inches per minutes)で最大1200mm×2400mmの素材を彫刻できる国内最大マシンです。
6.レーザー彫刻の作業終了
無事レーザー加工が終了しました。数の中には失敗したこともあり、繊細なマシンに何時も気を使っています。
作業前は埃を取り払い、グリスを注入し、最適な環境を保たなければなりません。
作業終了後はレーザーマシンを埃から守るためにテントで覆いをします。
7.完成です
所定の寸法に石を加工し台座石をつけて完成です。
今回も大変きれいに出来上がりました。
line
溝口