台風18号(平成16年9月8日)
台風18号は、北海道沖の日本海を北上し、午後3時に温帯低気圧に変わった。午後8時現在の集計で西日本と北海道を中心に死者31人行方不明14人に及んだ。温帯低気圧になる直前、一時的に勢力が拡大、北海道全体が強風域に覆われた。網走支庁雄武町で最大瞬間風速51.5メートルを観測したのを始め、札幌市の50.2メートル室蘭市の45.7メートルなど、記録的な暴風となった。(上記の写真は近くの電柱や街路樹が、暴風のため傾いたり根こそぎ倒れていたところです)
辻村牧場の原始林内部で、太い木が風のため根元から折れ散策路をふさいでいる状況です。 当社工場のシャッターが2枚吹き飛び、窓ガラスも3枚ほど割れました。
岩見沢緑が丘霊園の樹木にも相当被害があり、職員もあとかたづけに懸命で、その他にも倒壊した家屋や看板・ごみ集積箱、壁や屋根の一部が飛んで無くなっている家屋も沢山見られました。また長時間に渡る停電で、コンビニ等のアイスクリームが全て廃棄処分をしなければならないと、店員が嘆げいている姿が印象的で、生まれて始めて味わう台風の猛威に言葉を失うほどでした。。
交通事故