company
line
法事について
 古くはすべての仏教行事を、法事といいましたが、最近では年回忌とか追善供養をさすようになりました。

祥月命日(しょうつきめいにち)
  法事では、亡くなられた方の月日を祥月命日といいます。

月忌(がっき)
  
月命日ともいいます。毎月めぐってくる亡くなられた人の命日をいい、月忌参りといって、墓参したりお寺さんにお経をあげていただきます。

中陰と百ヶ日(ちゅういんとひゃっかにち)
  中有ともいい、人が亡くなり、次の生を受けるまでのことをいいます。この期間は、7日をひと区切りにして7回、49日あるとしました。7日目に三途の川を渡り、最後の49日に、ご本尊様にお目にかかるといわれております。中陰が終わり、忌明けをし、身も心も休み、悲しみをのりこえたところで、百ヶ日忌の法要を行います。

1周忌から50回忌まで
  亡くなられてから満1年が1周忌、2年目が3回忌、そして7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌、37回忌、50回忌となります。ところによっては、この33回忌を「年忌どめ」といって、供養を終わるところもあります。また50回忌からは「遠忌」と呼び、50年ごとに法事を営むところもあります。
平成20年度(2008年)年回忌表
年回忌 逝去年 年回忌 逝去年
1周忌 平成19年 23回忌 昭和61年
3回忌 平成18年 27回忌 昭和57年
7回忌 平成14年 33回忌 昭和51年
13回忌 平成 37回忌 昭和47年
17回忌 平成4年 50回忌 昭和34年
line
溝口 HOME