石屋の神社探訪 (株)溝口石材工業
下志文八幡宮
(平成30年9月)
 
   
■祭神
・天照大神 
・二俣大神
■由緒
明治二十八年山根幸太郎氏が郷里の島根県岩見国那賀郡上府村に赴き出生地の鎮守たる八幡宮に参籠祈願し御神霊を奉受して帰り居村の護神として奉迎創祀する。昭和四年鳥居奉納、昭和十八年二俣神社を合併、昭和二十一年協和小学校奉安所を移して本殿に充て、昭和四十六年社殿改築される。
 ネット参考
 
社標
 奉納 昭和33年9月吉日
 山根秀雄・立野武夫・立野藤藏
  松崎清冶・塚清冶
   
灯籠一対  支部沿革碑
下志文町 第六実行組合  昭和16年6月
坂上市郎・中路博・山根秀雄・喜多昭一  岩見澤青年團下志文男子女子支部
 遠藤富雄・坂上仁太郎・表新藏  
昭和44年9月8日 石工 溝口石材店   
下志文氏子一同 今上陛下行幸記念
昭和11年9月26日
   
 
 
 手水鉢
 陸軍大演習記念
 昭和11年度設置
 下志文区民会員
 
 岩見沢市下志文町
line
溝口HOME