石屋の神社探訪 (株)溝口石材工業
樺戸神社
(令和元年10月)
  
 1. 祭神     大国魂神・大那牟遅神・少彦名神
 2. 由緒   明治15年6月月形村神園町(現在の小学校敷地内に社殿御造営明治15年11月2日官幣大社札幌神社より御霊代奉請社名を樺戸神社と稱へ奉る
明治28年5月小学校火災により類焼し須部都川畔に遷座す
昭和15年10月皇紀1600年と開村60年を記念し御造営遷座するも昭和45年須部都川築堤工事に伴い移転の止むなきに至り同年8月現在地に移築遷座す
   
鳥居 由緒
 創祀百弐拾周年記念   寄贈者 重本源左衛門
 平成14年11月2日
 平塚芳秋・フサ子・勝也・亜也  
   
 社標 奉納 樺戸神社創紀百周年記念
 昭和7年8月24日建之 小塩清一 平成4年8月吉日 井上正徳・井上正共
昭和57年8月吉日改修  
 寄贈者 札幌市 故 小塩マサ   
   
 神前灯籠一対 大正14年8月建之
   
 神前灯籠一対  村内氏子中
   
 手水鉢 手水舎
 大正9年8月  奉納 金山新次郎 昭和60年7月10日
 世話人 大井啓太・高橋庄左衛門・中野要吉  手水鉢
 佐藤寅吉・笠原源治・福田福松・藤田軍平  創祀百年記念 昭和57年8月
   岩崎喜市・廣島國弘・横山衛・中西隆・近藤武三郎
   
 神前灯籠   神前灯籠
 昭和18年10月 佐々木豊太郎 昭和18年10月 西山廣吉
   
 神前灯籠  神前灯籠
  昭和18年10月 平田喜九郎   昭和18年10月 大江宅次
   
 
 社務所
 樺戸神社御鎮座80周年記念碑  
 自治大臣 篠田弘作 謹書  
 昭和37年11月1日建之  
   
 神前灯籠  神前灯籠
  昭和18年10月 長谷川長次郎   昭和18年10月 秋保清作
   
 神前灯籠  神前灯籠
  昭和18年10月 刈田政吉郎  昭和26年8月 高橋誠
   
 灯籠一対   神前灯籠
   昭和26年8月 草皆重助
   
   
 旗掲揚塔  灯籠4基
 奉納 せお商事株式会社 妹尾栄・キミ子  奉納 昭和51年6月30日 鈴木勇三
創祀百年記念 昭和57年8月吉日  
 
 狛犬一対  昭和15年11月
 岩崎久吉・吉田實  伊藤捨冶郎
   札幌円山町 苅部石材店刻
 
   
   
 神前灯籠一対  日支事変大東亜戦争 生還者一同
  昭和45年10月24日建立 
   
 忠魂碑  戦没者顕彰碑
 第七師団長 園部中将書 昭和45年10月月形町建之
   
   
 
 神楽殿
 樺戸集冶監高見張跡碑  
   
 
 
 
 樺戸郡月形町赤川
line
溝口HOME